好き・楽しい・おもしろい。
時には悲しいこともあるけれど、
毎日キラキラHAPPYに!!
今まで出会った・これから出会う、
すべての人に「ありがとう」。
<< 再起動 | TOP | お試し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
就職活動振り返り
まずは、就職活動 を記録。

もう6月も終わろうとしていることが信じらない。
1月に帰国して、もう半年か。

時間が経つのはほんとに早い。

スケジュール帳
(カラフルなスケジュール帳。3月。)

でも、たった半年の間に、
これだけ自分の将来が決まってくるのかと思うと今でも恐ろしい。

4月21日に最終面接受けてその日の夜に電話を頂き、
正式には22日、承諾は28日、心の整理は5月入ってからの9日あたり。
最終的に1つに絞った日が10日。内定者懇談会が14日。

そんなこんなで現在内定先の企業のみおつきあい。

そこに至るまでの経緯を忘れないように、
いざ、【就活記録】。


,泙困魯如璽燭ら。

プレエントリーした数    :241(マイページを管理していたGmailのフィルタ数)
セミナー参加数       :64 (スケジュール帳から)
エントリーシート提出数   :41 (ドキュメント保存数)
テストセンター受験数    :9  (スケジュール帳から) 
4月1日時点        :35 (スケジュール帳から)(業界は10)
4月9日以降に受けた企業  :3  (スケジュール帳から)
−−−−−−−−−−−−−
最終面接を受けた数     :5
内々定数          :4

241もの企業をプレエントリーしましたが、
今見返すと「これ何の企業?」というのがほとんど。
エントリーシートは基本的に、説明会を受けたところ+知ってる企業ばかりだった。
自分のやりたいことを抽出できていたのか疑問。


⊆己アピール内容について
就職活動時によく聞かれる問いに対する答え。とアピールポイント

1)学生時代に最もがんばったこと
  サミット→コミュニケーション能力のようなもの

2)自己アピール、長所etc.
  アルゼンチン→行動力、粘り強さのようなもの

3)アイディア、発想力
  塾の英語講師→長期的視点のようなもの

4)短所
  サミット→考えなささ。行動力の裏返し。のようなもの。

5)志望動機
  アルゼンチン→個人的な解釈の世界平和へ。
  
   ちなみに企業探しの3つの軸
    1:国際的に事業、(もしくはこれから)
    2:挑戦する風土
    3:働く人々が尊敬できること

アピール内容はおいといて、志望動機の汎用性は高い
業界を絞れなかったのも、この志望動機なら、どこでも何でも言えてしまったから。
結局、「これがしたい」という強い想いがなかった。

そして残念なことに、動物に例えると?色に〜?などは、何も聞かれなかった。
尊敬する人は、は一度だけ聞かれた。父、と答えた。


最終決断方法
4月9日にはじめて内々定を頂いてから、結局内々定の中での決断しか考えなかった。
その中での比較。

結局
「中南米」(物理的な繋がり、サービスや会社の存在がどのように関わるかなど)
「選考時の印象」(働いておられる方の話や、自分への評価など)
「働き方」(東京行きたいw、休日など)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

自分で決めた道だから後悔こそないし、
楽しい同期やこれからできることを考えるとわくわくするし、
とりあえずよかった!

何かをまとめようという気はないので、
余談で就活というものについて少し思ったことを。


就活は嫌だ嫌だと言いつつも、
結局は何もしなくても就職活動ができる波を作ってもらっている、ということに感謝。
何もないところから自分で一からするほうが大変。

エントリーシートや選考方法などはなんだかんだで既に形が決まっていて、
活動期間もだいたい決められていて、
”必勝法”のような公式のようなものが語られる。

やりたいことや熱い夢が明確にあって、それに向かってまっしぐら、
に未だなれない人には、つまり私のような人には、

”ポテンシャル採用”という名の元に働ける環境を頂けるこの就活というのは
身に余るほどありがたいものだと思った。


なので大いに感謝して、
来年から社会人がんばります。以上!!
posted by Yuka | 13:38 | Futuro | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 13:38 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://chocolateresa.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
Search this site