好き・楽しい・おもしろい。
時には悲しいこともあるけれど、
毎日キラキラHAPPYに!!
今まで出会った・これから出会う、
すべての人に「ありがとう」。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
独り言
「生涯かけて達成したい夢は何か?」

と聞かれて答えられなかった。

そんな明確なものがあるわけじゃない。中南米、って言ってみたり結婚して子ども産んで、って言ってみたり。

でもそれってその時々のことであって、そんな一生を通しての夢とか大きいこと言われると、悩んでしまう。

仕事もしたいし家庭も持ちたいし、でもそのためには、女だから、という理由である程度柔軟にいかないと、と思ってた。
出会う人によって変わるだろうし、自分があわせなきゃ、ってやっぱり心のどこかで思ってるんだな。

仮に、中南米に!と言っても、それと家庭をどう両立させることができるのか、全くわかってないからね。
そもそもどこに目標を置いて中南米、って言うのかわかってないし。そりゃ、面談とかでは言えるけども、もちろん。
でも本気でそう思ってるのかどうかと言われると・・・言ったことがそのまま現実になる、と言われたら、本当に中南米に行きたい、って言えるのかな。
具体的にやりたいことが見えてないからぶれぶれなのかな。


***************


「仕事とかそんなん。女なんやから。」

と一方では早い結婚を勧められた。

結婚しても働いたらいい、でも男と同じように考えてたら結婚なんてできない。
女しか子どもは産めへんのやから、子ども産むときどうするねん、結局男が稼いでくるのが自然やろう。

でも、でも、と食ってかかってはみたものの、心のどこかで納得してたと思う。
早くに結婚して子ども産んで、若いうちに自由になることで人生楽しめる、という主張は、
実体験が伴ってるから説得力あるし。

もう今年は24になるのか。海外では感じない老いを感じる。


***************


あーあ、結局はどこか他人任せというか、相手によりけりなんかな、私の人生って。
それがいいか悪いか、幸せか不幸せかは別にして。何だかんだで恋愛体質だと思うし。

新聞読まなくても世界のこと知らなくてもこの国では生きていけるし、
そんな高い志持ってなくても楽しく仕事はできるし。

悲しくはないし、それが楽だし嫌ではないって気付いてるから余計に、なんかなんかなんか、むなしい。
心のどこかで悔しいと思ってるんかな。何に対して?夢がないことに対して?

私のやりたいことって、なんだろう。

そんな年初め。
posted by Yuka | 23:48 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
Feliz Año Nuevo!!
新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!!!

2011年の幕開けは、仕事4連勤。
住吉大社、くいだおれに伊勢神宮。夫婦岩に天の橋立。。。





除夜の鐘をついて、いつもの熊野神社にお参りして、
ま、早速「」をひいたわけやけど、笑
これだけたくさん初詣させてもらったら、そして超幸せに迎えられたんやから、
今年はとても素晴らしい一年になるんじゃないかと期待してます(´∀`)

2010年を振りかえると、怒涛のように過ぎて行った気がする。

1月に帰国して就活開始、
4月に決めたあとは教育実習やらテストやら。仕事もがんばった。
夏には南ヨーロッパへの一人旅、
その後はworld shiftとスペ語と論文。
12月はプチ卒業旅行を卒業しない友達と楽しんだ。

は、早かった。。。

2010年、色んな人と出会う、というテーマを決めていたわけやけど、
去年は国内外問わず、濃い関係性を多く築けたんじゃないかな??
自分の意見がちゃんと言える、自分が出せる人たち。
よっしゃ。

2011年はどんな年にしよう。

凶とかそんなことに負けないくらいパワフルにハッピーに何でもがんばりたいな。
就職してきっと新しいことが次から次へと飛んでくるんやろうけど、
自分らしく、いきたいものです。
そして、大切なものをちゃんと大切にしたい。
前を向き続けて、でも大切なものを守る。

うん、これでいこう。ヽ(´ー`)ノ

とまぁことんなところで、
明日、連勤最終日がんばろー!!(´∀`)

今年もよろしくお願いします。
おめでとうのお返事全く出せてなくてごめんなさい。
posted by Yuka | 18:29 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
Feliz Navidad
メリークリスマス(´∀`)



岐阜、出雲福徳神社の近く。
初雪だったみたいで、コートを忘れた私には耐えられないほどの寒さだった!



初めてマフラー編んだ(´∀`)
ところどころ失敗してるけど、苦手なことをやり遂げた達成感と、
「今までで一番嬉しいかも」と喜んでくれたのがめっちゃ嬉しい!



友達がドイツのクリスマスマーケットに行ってきた話を聞いた。
めっちゃ楽しそうだった!!いつか行きたいな★


来年も素敵なクリスマスをヽ(´ー`)ノ
posted by Yuka | 19:44 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
普通に日記を書いてみる。
というのも、
昨日は、あさみんと久しぶりに会い、京都を散策したからであります。


休日の京都、人多い!
紅葉も最後やし、かな。


今年は本当にきれいな紅葉をいっぱい見る事ができて、心から喜んでます。

旅行業のいいところの一つに、季節を感じられること、というのを挙げようと思いました。
ITテストも堂々と「不合格」という結果をうけとり、将来に不安を覚える今日この頃、
やっぱ向いてるなと思えるツアーコンダクターが、ますます魅力的に感じられてなりません。

いや、がんばるよ、これからこれからヽ(´ー`)ノ

−−−−−−−−−−−−−
で、話を戻して。
インド料理、つまりはカレーを豪快に食し、
ナンがちょうどお皿におさまったところでギブアップをするも、お腹は既にはちきれそう。

LOFTで最強の営業トークにひっかかり、
予想はしてたもののやはり予期せぬお買いもの。




ヽ(´ー`)ノへへ


これ持ってこれから来る旅行に行くんだぃ(´∀`)
それとは別に、このノート自体は月間ダイアリーのも買ったから、
早速持ち歩いてくたくたにしてやろう今からウハウハしております。

−−−−−−−−−−−−−
そんなこんなで、私たちも負けじと紅葉を見に行くことに。

行ってきました岩倉実相院!!

国際会館の駅を降りて
懐かしさのかけらもない真新しく豪華な校舎を横目で見ながら
趣のある民家が並ぶ路地裏を通り抜けると、
昔付き添いでやたらと通った洛北病院、その先にひっそりと立つ臨済宗のお寺。

普通はバスや車で行くんやろうな、とか話しながらも、
ゆっくりとしたお散歩は楽しかった。

紅葉終わってるかも、と恐れていただけに、
きれいな庭が目に入ったときは、テンションがあがりました。

実相院

水面のもみじ

あさみんごめん。笑
一眼の写真はやはりきれい!という理由で勝手に公開しちゃった。
水に映る色とか、さすがです。


やはり一眼欲しいな...!!!!!!((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



写真集作ろう、という話もとてもワクワクしていて、
センスがないのは百も承知ですが、
ないなりにもがんばって、写真を楽しもうと思います。

−−−−−−−−−−
なんか話が飛んじゃったけれども、
11月最後の休日は、こんな感じで満喫しました、というお話でした。オチはありません。
久しぶりにあさみんと会えたことはもちろん、充実した1日が過ごせてよかったです。

12月最初の休日は、広島で!!!!(´∀`)
12月も楽しい月になりますように★☆
posted by Yuka | 14:03 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
布団の上から。
風邪を引きました。

昨年から、体調をよく崩すように。

昔は1年に1回、ひくかひかないかだったのに。
寝込むことなんてなかったのに。


不規則な生活のせい?
でも、寝てるし食べてます。
環境の変化で?空気が違うとか?

なんの栄養が足りないのか、むむむむ。


なにはともあれ、
今日みたいにめっちゃ楽しみにしていた飲み会に行けないとか、
悔しすぎます。

自己管理は基本中の基本。
がんばらなくっちゃ。
来年から、しんどいから寝よう、早く帰ろう、そんなことできないよね。
posted by Yuka | 22:04 | Cotidianos | comments(1) | trackbacks(0) |
本気で
本気で、

本気で、

向かい合ってくれることに感謝して、

本気で、 

本気で、

私も向き合おうと思う。


将来を変えてしまうくらい大きいこと。

一人の人間として、子どもとして、女性として、

しっかり受け止めて考えよう。
posted by Yuka | 05:37 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
高速を走るトゥクトゥク


高速のサービスエリアに止まっていた、札幌ナンバーのトゥクトゥク。
まさか、こんか小さい車で高速を!?!?
運転手さんによれば、エンジンを変えてスピード出して走れるように改良してあるんじゃないか、って。

それにしてもすごいな(・∀・)


東京→信州→富士山、という強硬スケジュールだったのが、
富士山がキャンセルになってしまったためにいきなり空いた3日間。

昨日は妹と地元をブラブラ、今日はやろうと思ってたことを家でもくもくと、明日は髪を切って荷物をとりに。。。
ゆったりですヽ(´ー`)ノ

18切符で倉敷に行こうと思ったんだけれども、来週になりそうですな。

こんなゆったり過ごす日も悪くないと思いつつ、せっかくの夏休みこれでいいのか!?と不安も。笑
ま、友達いないからしょうがないけど(´∀`)みんな忙しすぎるよこのやろー笑笑
とにかく、暑さに負けじと元気にやってますヽ(´ー`)ノ

とりあえず、写真現像してこよー★★
posted by Yuka | 14:35 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
Feliz Día del Amigo!
lo más importante es tener amigos.
en cualquier momento,
en cualquier caso,
OROS que mis amigos que son!!



Muchísimas Gracias por todo para siempre amiguiiis queridos!!! :)
los quiero muuuuuuuucho!!!!! xoxo
posted by Yuka | 10:21 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
再起動
久しぶりに更新します。

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
更新しなきゃしなきゃと思いつつ、
なんだかんだでTwitterの便利さに甘えてしまいました。

が、
最近物忘れが非常に激しく何かに記録したい
         +
iPhoneのアプリでもJUGEMを発見した ので、

これを機に再び取り留めのないことを綴っていこうと思います。
とりとめもなく(・∀・)

では、これはまずこれだけで
posted by Yuka | 13:24 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
祝!更新
長らくお休みしてらしたこのブログがついに更新されました。
おめでとう!!!です。個人的に。
ほんっっと続かないな・・・だめだめです。



せっかくいい機会を得たので更新しようと思います。



この2カ月のあいだにたくさんのことがありました。
そして、私がどうしても書きたいシリーズもまだ書き終わってません。
どれから片付けるか考えたときに、
とりあえず今日はこれから。

el regalo de la pachamama

 【El regalo de la Pachamama】 です。(邦題:パチャママの贈り物)
京都シネマで2月12日まで公開中。※1日1回のみ!!)

 
友人Aの日記を見てからどうしてもどうしても見たくて、遂に行ってしまいました。
以下、ネタばれになるので、見に行く予定のある人は読まない方がいいかと★




感想は、「よかった」です。



感動したとかおもしろかった、よりも、
「よかった」が一番しっくりくる映画だったと思います。


ボリビアのウユニ湖をはじめ、ケチュア民族の村やポトシ鉱山等を舞台に、
そこに住む人々(特に少年)の生活に焦点を当てて描いた温かい物語。


いや、ウユニ湖って、どうしても行きたかった場所なんです。
で結局行けずにアルゼンチンのJujuy州のPurmamarcaで妥協したところなんです。

まずはそれが見れてよかった です。
さらに、実際に現地の人々が生活している様子とか。
インカ文明の文化が大好きな私にとっては最高でした。

現在失われつつあるケチュア語もいっぱい聞けて幸せでした。
これを通して興味を持つ人が増えて、保護にも力がもっと入ればいいのにと願います。
グアラニーもそうだけど、いくら言葉は日々進化するものだと言っても、
それがなくなってしまうのは悲しいこと。

(てかところどころスペイン語単語が入ってたのは、
日本語話しながらミーティングとか言う様に、スペイン語をそのまま使っているのか、
それともケチュア語と一緒なのか似ているからなのかわからなかったですけど。)

・・・てかこれでケチュア語じゃなかったらどうしよう笑


でも。。。
途中、観光事業をやるおじさんが出てきて(スペイン語で話す)
塩湖で働くのは時代遅れだからホテルで働かないか?
給料も倍にするぞ、って言うんですけど、
もちろん私はもう主人公やそのパパに感情移入してるわけで、
は?何言ってるん?先祖代々伝わってきた家業やで?とか思うわけです。
大地の母=パチャママをはじめ、信じてきたものを今も信じ続けて
自然と共に生きる、素晴らしい文化をなくすつもりか!とか思うわけです。

でも、よく考えたら、こういうことって経済成長とか開発援助とか、
今先進国と言われているような国に”追いつこう”とした結果
出てくることだと思うんです。

いいのかそれで?

政治の安定を図るために経済成長?
政治を安定させたところで人は幸せになるのか?
車が入れない、リャマしか入れないような山に住んでいる人たちが??
現地で話されている言葉を使おうともしない人たちの手によって??

何が幸せかって結局個人の自由やのに。


また、リャマはやはりかわいかったです。
あの飾りたちは目印だったんだと知りました。

でも実は、Purmamarcaの塩湖では、実際にそこで働いている人を見なくて。
(塩の彫刻を観光客用に作っているartesaniaの人たちはいたけど。)
あの塩湖が「美しい」だけじゃなく、人々の生活を支える大切な「実用性」を備えた
ものだという当たり前のことに気付かされ、
またもや自分の考えの弱さ?に反省。

塩湖だけじゃなくて、他の景色も。
鉱山のストーリーは現実味があって心が痛みました。


なんて説明したらいいのかわからないんですけど、
まとめるととにかく、「好きだから行きたい」ってかなり自己中だなと思いました。
行ってどうするんだ?何するんだ?
そこに実際の生活があって、それを見て何がしたいんだ??
結局全て自分のため?

そんなことまで考える必要ってないのかな。
それじゃあ楽しい旅行全部否定しちゃうことになる気がするし。

また実際に現地に生きていない自分が
他人の幸せとか将来考えて政治がどうだの社会がどうだの言う権利ないやん。
じゃあ勉強してどうすんねん。
と自分の興味&勉強をちょっと全否定してしまいました。
これは勉強する目的をそこに設定しなければ済むことかな。



うーーーん。



と結局いつものように、考えがまとまらない方向です。


ただ、大好きな中南米の(今回は南米だけど)こういう映画がいっぱい出て、
それをきっかけにいろんな人が興味を持ってくれたら嬉しいなと
何様!?的な、そんな感じです。


いろいろ矛盾してるような論理的思考にかけてるような感じですが、
ありのまま思ったことを書きました。


では、またー。
posted by Yuka | 00:56 | Cotidianos | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site