好き・楽しい・おもしろい。
時には悲しいこともあるけれど、
毎日キラキラHAPPYに!!
今まで出会った・これから出会う、
すべての人に「ありがとう」。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
最終回ガチンコレポート

ガチンコ最終回!

遂に、最終回が来ました。
あっという間で、本当にあっという間で、正直驚いています。自己紹介を書いて電話でのコーチングをうけてから、もう3カ月もたつんですね。

今回のレポートは8月13日(土)から26日(金)まで、最後の2週間の振り返りから、3カ月間の振り返り、そして今後に向けて、の3段階でいこうと思います。よろしくお願いします。

1)2週間の振り返り
  夏休み(13日〜21日まで)
 担当先での研修の開始
 が、主な事実です。

最後の2週間は、安定に安定していて、確実に一歩前に踏み出せているのかな、という印象です。
夏休みは、今回は家族との団欒や、勉強、将来設計、にほとんどの時間を費やしました。7月から環境の変化で慌ただしくしていたので、ゆっくり休める時間を作り、その分時間があるときにしかできないことをしました。各役割でも全て果たせたので、よし!
  担当先ではまた新たな研修が始まりました。この一週間でやろうと思ったこともとりあえず実施。「また研修か」と思わず、焦らず気負わず過ごせたと思います。
  というのも、与えられる仕事以外に様々な課題を見つけ、そのうちの一つを自ら改善しよう、と行動し始めたからだと思います。仕事ができなくても、その分別のことにエネルギーを向けられる、ラッキーやん!と。今まで焦ったり「何もしていない」と自分を責めていたのは、自分が踏み入れたいと思うこと、夢中になりたいと思うことが明確になかったからではないか、と考えました。
⇒この続きは 2)、3)で書こうと思います。

強みから、そうだ、リーダーに!と本をお勧めいただきました。まさに現状、必要としていた姿でした。周りを巻き込みながら自分のビジョンを達成する。全体を見渡し、周囲を笑顔にしていく存在。今までもこのような考えはあったのですが、周囲を巻き込んでまで達成したいことが明確ではなかった。先ほども書きましたが、今地に足付けて新しくがんばりたいと思うことがあります。そこで、ぜひ日々進化しながら少しずつリーダーに近付けたらと思います。

2)3カ月のまとめ(まとまっておらず矛盾もあると思いますが、ただ正直に。)
 3カ月の目標は気持ちの浮き沈みを減らすために、
 1、自分の軸を確立させる
 2、目標を具体化する   を目指していました。
それに到達するために、自問自答の質をあげる、自己愛をupする、あらゆることに基準を明確にし、境界線を作る、ことをこのコーチングで学ぶ。3カ月後には「ハッピーを自分でコントロールできるように」。そんな意気込みでスタート。

「ハッピーを自分でコントロールできるように」正直なれたのかどうかよくわかりません。以前に比べて泣かなくなったのは確かです。でもそれは、環境の変化、という外的要因が大きいと思うからです。
⇒何ができて何ができなかったのかを考えてみました。
 
  1、自分の軸を確立させる
全体を通して、自分の(周りも)強みに注目して伸ばすことが重要だと学びました。コーチングの中でも、結果の有無に関わらずよくできた部分に褒めてあげたり、強みを考えたり認めてあげることをしてきました。さらには、この強みを活かしてリーダー、という新たな理想像も見えました。
周りと比べることも、少なくなったのでは??と思うのは、以前は他人と比べて仕事量が少ないことや仕事の質がよくないことを見て「がんばっていない」と落ち込んでいたのですが、例えば仕事が少なくなった分、別のことができる!とポルトガル語をやってみたり、思い切り本を読んでみたり、情報収集したり資格の勉強をしてみたり、と前向きだからです。おかげで、劣等感を余り抱かなくなりました。ここ、自己愛もちょっぴりアップしてるんじゃないかな。

   2、目標を具体化する
結論から言うと、当面の目標は、私のいる部署での「シームレス推進」です。簡単に説明すると、海外・国内、と今まで分かれていたチームを1つにすることです。これは会社全体で推し進めているものですが現状は互いにコミュニケーションすらとらないかなり厳しい状況です。だからこそ、新入社員という立場をフル活用してしがらみを突破し、新しく1つになったチームを作り、牽引していく存在になりたいと思っています。スパンは約1年を考えています。
そのために、このコーチングで学んだ「目標を身近なところから立てて日々実行していく」ことをやりたいと思っています。1年スパンでは、また途中で見失う。きちんと必要な要素を洗い出し、毎日、毎週の行動に落とし込んで日々達成していきたいと思います。

と、話を戻せば、確実に一歩前に進んだように見えるのに、なぜ自分の中で達成感があまりないんだろう、自分は何も変わっていない、と思ってしまうのだろう。その答えの一つは、結局周囲の環境に左右されていて、自分自身の考え方や習慣が何か変わった、というわけではないからだと考えます。落ちたときに自分の目標の明確化を一解決策としていたのは昔から変わらない。今回目標が明確化できたのは、周りの環境に依るところが多いからです。
また、自己愛も正直あまりアップしてないように思います。心から自分を認めてあげたりできなかったし、まだ「ビート板」も離せていないです。本をたくさん読んで、頭では何が大切か理解していても、実際に心にまで声が届いていないようです。むむむなぜだ。

  3、今後に向けて
  なぜ自己愛がアップできていないんだろう、その理由を考えると、心の底から変わることを望んでいなかったからだろう、と考えました。それならそれで、仕方ない。そこで、今後はこのように捉えることにしました。
  今までは、「がんばってがんばってがんばってる人生」。どこに向かっているのかはよくわかっていなくても、がんばっていればいい。確かにがんばる自分が好きなので、よさそうですが、結局も行き先が不明なので、がんばった分だけ確実に前へ進むことが難しい。でも今は、目標が明確になった。だから、がんばった分だけ前へ進めるのではないかと思うんです。
だからこそこれからは、「無理にがんばらなくても自然と笑顔になれる人生」へ。この道で、私のなりたい人間像に近づきたい。そのために、笑顔になれるものを見つけたり、浮き沈みに囚われないようにしたり、ふっと肩の力を抜いてみたり。と、このコーチングで学んだことを活かしたいです。
  そして、強みを活かしたリーダーとして周囲を笑顔にする。はじめは今の部署メンバーかもしれないけれど、その輪をどんどん広げて、やはり中南米にまで持っていきたい。中南米でビジネスをしたい。
そんな風に前を向いて、この3カ月を締めくくりたいと思います。


青木さん、コーチングをしたのがこの3カ月でよかったと思っています。これから社会人として歩んでいくのに重要な準備期間。短い間でしたが、ありがとうございました。そして、今後とも、どうぞよろしくお願い致します!!!!

posted by Yuka | 22:19 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
第五回ガチンコレポート

◆背景
最終目標:「自分の軸を確立させる」「目標を具体化する」
現状課題:「心も行動もムダな動きが多い」
解決策:自問自答の質をあげる/自己愛をupする/基準を明確にし、境界線を作る
―――――――――――――――――――――――――――――――
今回は、思い切って型を破ってみようと思います。型にとらわれたレポートもおもしろくないな、と。そして、できたことメインで書いた方が、また、自分の言葉で(今までも書いてますがよりいっそうカジュアルに、という意味)書いた方がポジティブで気持ちがいいし、自分の中にすとんと落ちるな、と思ったからです。

ということで、この二週間でできたことや考えたことをつらつらと書きます。

1) 前回の課題:時間管理
1週間ごとに、役割×やりたいことをベースに予定を立てて実行しました。
→家族、恋人、友人、新入社員、趣味、勉強、の6つの役割でそれぞれやるべきことを書き出し、それをメインにスケジュールを組みました。基本的にはスケジュール通りにすすめることができたので、よし。無駄にする時間がなく、また毎日達成感を得られたように思っています。

2) 前回の宿題:強みを5つ
  |に対しても壁を作らない、自分をぶらさない
  度胸、緊張しない、物怖じしない
  9堝偉蓮∋廚のったらすぐ動く
  じ亀い機▲織佞機¬世襪
 ド蕕韻嵯い、諦めない、粘り強い

順番は思いついた順です。どれが一番か、と言われると非常に難しいです。私の構成成分、すべてが重なり合って自分ができていると思います。

ではこれで、どう周囲を幸せにできるのか、を考えると難しいなと思いました。というのも、例えば思いやりや人の話を聞くところ、などの長所があれば何となくチームワークがよくて周囲の役に立てそうだと思ったからです。もっと言うと、私の強みは、スタンドプレーで活躍できそうなものばかりだなぁ、と。ただ、もちろん、だからといってチームに貢献できないかといえばそうではないし何らかの影響を与えることは可能だと思うので、どうせ与えるならポジティブな影響を与えられるようになれればいいな、と思いました。一緒にいるだけで元気をもらえるような、頑張ろう、と思えるような人。第2回のガチンコでは以下のように書いていました。
・「何がしたいのか」ではなく「何になりたいのか」を考えたときに、私が望んだこと;
 〇鮎紊箸い襪半亟蕕砲覆襦楽しくなる、幸せになる
 何に対しても一生懸命だ、           と言われる人。
 →そのために今現在どうあるべきか、何をすればそんな人間になれるのか、を考えたい。
なりたい自分と強みが一致しているんじゃ!?だからこそ、強みを活かすことが大切。

3) 成長したと思ったこと
 配属されてから2週間の導入研修が終了し、会社の課題が多く見え、また実際にぶつかることもありました。
実は、今の会社は自分には全くあっていないと考えているのですが、(※就職活動時に何も考えてなかったツケです!でも自分を擁護すると、疲れとハイテンションとプレッシャーの中にいたあの時の私に考えられるわけがなかった、です。あの時のベストな選択でした。それに、もしかしたらめっちゃあってるかもしれんし!です。)それでも、苦手な環境の中でモチベーションを保ち、自分主体で成果を出す体験ができるのは貴重だと思いますので、実際に体験できるよう日々手段を考えようと思っているところです。
そこで先日、全然がんばれていない自分に対して、もっと気楽にいこう、適当にいこう、とさらにがんばらないように指示を出され、頑張ることが逆に迷惑になるのか、と困惑しモチベーションが下がってしまった時がありました。今までならそこで簡単に落ちてしまったのですが、その時は自分の頭の中を整理し周囲にアドバイスを求め、留まることができました。周囲に助けを求めることができたのかな、よし!です。


4) おすすめの本を読んで
おすすめ頂いた3冊を読みました。
*心のブロックをはずそう! 願いをかなえる方法  溝口あゆか
*やりたいことが見つかる スピリチャルマップ   溝口あゆか
*心の中の幸福のバケツ トム・ラス  ドナルド/O/クリフトン 
自分の好きなことを探るマインドマップを作ってみたときに、子供の頃からずっと好きなこと興味あることは基本的に変わっていないこと、そして「違うこと」に価値を見出していることがわかりました。また、潜在意識を認識することの大切さも知りました。潜在意識からポジティブになれるよう、なりたいです。


以上が2週間の成果です。

最後の2週間は、少しでも具体的な目標を設定することに重点を置きたいと思っています。

posted by Yuka | 22:16 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
第四回ガチンコレポート

◆背景

最終目標:「自分の軸を確立させる」「目標を具体化する」

現状課題:「心も行動もムダな動きが多い」

解決策:・自問自答の質をあげる

・自己愛をupする(自分を受け入れる)

・あらゆることにおいて基準を明確にし、境界線を作る

―――――――――――――――――――――――――――――――

◆今回の目標(7月9日〜7月29日)

  第二クール研修/全体研修で安定したアウトプットを出す


◆この期間中の出来事

  ・名古屋での研修が15日(金)に終了。14日には社内でのカイゼン提案あり。

  ・東京に戻る。

  ・19日(月)〜29日(金)まで合宿。

  ・25日(月)に配属先決定。

 

◆自己評価

  95点

根拠(概要)

  ・何よりもやることをやりきった!からです。途中ぐだぐだとしてしまったのですが、誰かに話を聞いてもらったり、元気な人のそばにいることで逃げ場を作りました。遂に配属先も決まり、新たに始めたいこともあり、と充実しています。

 

◆振り返り(詳細)

・まず、前回のレポート後に考えた、やることリストです。映画を見ること以外は達成。映画を見れなかった理由は、合宿先で時間が作れなかったからです。

・課題を終わらせる                              OK 出しきった。

・先週買った3冊の本を読み終える         OK 読み切った。

・映画を1本見る                                  NOT YET

・家の掃除をする                                 OK した。

・引っ越しをする                                   OK 友人に手伝ってもらって何とか。

・合宿の準備をする                              OK これは余裕を持ってできた。

・平日1日は会社の外の人と会う            OK 会社以外の話ができて刺激的。また、元気ももらった。

・写真展に行く                                    OK 世界報道写真展、刺激を受けた。

・研修先の方に御礼を言う                     OK 特にお世話になった方には手紙を書いてお渡しした。

・研修先の方と連絡先を交換する           OK 計13名と!

・別クラスの同期を10人知る                 OK クラス編成の都合により余裕で達成。

・愛する                                             NOT ENOUGH 毎日!でも友人や家族にはまだまだ。

 

・名古屋から東京に帰ってきました。名古屋での最後のアウトプットは上々、周囲の力も借りて、無事達成しました。プレゼンは、今回もわかりやすさを心がけました。フィードバックが特になく、「よかったよ」だけだったのであまり満足感はありません。

 

・帰ってすぐに合宿が始まりました。集団行動や、自由のない決められたスケジュールが苦手の私は完全にストレスフル。

初日からイライラし、発狂しそうでした。

業務時間外に課題が出されたので、研修が終わっても毎日夜中までグループワークをし、ご飯もお風呂も常にメンバーと一緒、自分の自由の時間がなく、さらには寝不足で、と体も心も疲れ果ててしまいました。

もう二度とやりたくない、と今ようやく家に帰って思っています。ただ、自分にとって何がストレスになるのか、どういうときにストレスを感じるのかが肌にしみてわかったので、それはよかったです。

「自分で決められない」ことが一番辛いです。しかし、それらのストレスに対する自分なりの乗り越え方が、今は「人と話すこと」しかないので、自分の中だけでもモチベーションを維持できたらもっと強くなれるだろうな、と感じています。

ストレスがたまると周囲にも悪い影響を与えることもわかったので、いかにストレスをためずに日々過ごすかが大切だとも、改めて認識しました。

 

・そして、その中で安定したアウトプットを出し切れたことに対しては、ものすごく自分をほめてあげたいと思います。

正直しょうもないと思った研修でも、その目的をスタッフの方に聞いたり自分で考えるなどして、乗り気がしなくてもやることはやりました。最後のプレゼン発表も珍しく大満足で、わずか30人弱ですが、全員を自分の世界に引き込むことができたこと、またそれを決められた型ではなく自分のスタイルを貫いてできたことが嬉しかったです。

 

・配属先が決定し、個人的には希望が通ったので嬉しいです。東京に残って、日々グローバルに技術の知識を学ぶ場所。将来のための準備ができる、と喜んでいます。じゃあ具体的にいつまでに何をするのか、などそういったことは、8月1日以降、上長とも相談しながら決めたいと思います。

 

・私生活では、新たな仲間になれそうな方々とお会いすることができ、なりたい自分ややりたいこと、将来のために一緒に頑張れそうな人たちです。東京に残ることもできたので、これからもっと交流できたらと思っています。


◆今後の課題

 ・新しい職場で仕事内容を知り、目標を立てる

 ・スケジュール帳を活用する⇒週ごとにスケジュールをたてる

 ・今度こそ映画を見て、たまっている本(現在5冊)を読み切る!

(前回紹介して頂いた本は結局昨日受けとったため、まだ読んでいないです、すみません。)

posted by Yuka | 22:12 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
第三回ガチンコレポート

◆背景

最終目標:「自分の軸を確立させる」「目標を具体化する」

現状課題:「心も行動もムダな動きが多い」
解決策:・自問自答の質をあげる
・自己愛をupする(自分を受け入れる)
・あらゆることにおいて基準を明確にし、境界線を作る

―――――――――――――――――――――――――――――――
◆前置き
  前回のフィードバックから;
・他人を笑顔にするまえに、自分が笑顔でいないといけない!
 ・「一生懸命」と「すべての力をすべての角度において100%発揮できる」の違いがよくわからない
  ・「もっと力を使う」って、ん??何を??どうやって??
 と、全体的にあまり心にすとんと落ちなかった。

◆今回の目標(6月26日〜7月8日)
  まずは、常に笑顔でいる!

◆この期間中の出来事
  特に表立ったことはなし
  相変わらずの研修で、業務内容も特に変更なし
  プライベートでは、大切な人たちと会えた2週間だった。

◆自己評価
  30点
根拠(概要)
・1週目はおすすめ頂いた本を読み前向きに将来の「未来希望図」を考えたりしていたのですが、2週目に突然テンションが下がり、「つまらない」「おもしろくない」「何かが足りない」から笑えない、笑顔でいられない日が3日くらい続いたため。(ちなみに今は、それから少し盛り返したところで書いているのですが、きっと文面を見ればおわかりかと思いますが、まだ本調子ではなさそうです。)
 
◆振り返り(詳細)
・お勧め頂いた本『7つの習慣 最優先事項』は、本と一緒に自分でも役割を書きだしたり、予定表を作ったり、と早速参考にさせて頂きました。2週目(今週)から本にあったように計画をたててみたのですが、緊急性の伴う課題に追われ、うまくいかず。来週は重要性に重きを置いて遂行できるよう、日曜日の夜に一週間の予定を立てて、毎朝見るように机の上に置いておこうと思います。


・2週目は、課題をこなす間も、テンションがあがらなかったです。その原因は、週末に実家に帰り、家族や友人たちと会えて時間をとめたいと思ったからだと思っています。プラス背景として、やはり現状に満足できていないから。仕事がだめならプライベートで、と頭ではわかっているのですが、やはり仕事というフィールドにこだわってしまっている自分に気付きました。仕事も忙しくなってきたし無事ポルトガル語もはじめられたし、充実はしてきたと思うのですが、それでも心の底から笑顔でいられない、自分でもよくわかりません。気分転換に本でも読もうと思って読んだのが、まさかの『人間失格』で、ずっと読みたいと思っていたのでよかったのですが、テンションを上げる助けにはなりませんでした。

→他にも今波に乗っている先輩のお話を聞いたり、未来を具体化しようと気になる学問を調べてみたりしたのですが、その時は元に戻るのですがまたすぐに下がってしまっていました。

◆今後の課題
 ・今後というより、まずはこの頭を切り替える必要があると切に感じています。結局、思い返してみれば5月の頭から、言っていることは何も変わっていないです。大丈夫なのか、と不安です。結局、何もしていない自分の責任ですが、何かいいアドバイスがあれば、ぜひよろしくお願いします。

posted by Yuka | 22:10 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
第二回ガチンコレポート


◆背景

最終目標:「自分の軸を確立させる」「目標を具体化する」

現状課題:「心も行動もムダな動きが多い」
解決策:・自問自答の質をあげる
・自己愛をupする(自分を受け入れる)
・あらゆることにおいて基準を明確にし、境界線を作る

―――――――――――――――――――――――――――――――
◆前置き
  前回のフィードバックを受けて、最初に思ったことは、「がんばらないことをがんばるにはどうすればいいか」であった。また、自分が目標に向けて一歩ずつでも前に進んでいるのか不安になった。

◆今回の目標(6月12日〜6月25日)
  「よくやっている」と朝昼晩自分をほめてあげる!(継続)
  前回のフィードバックで勧めて下さった本を読む
  今が準備段階だとすれば、何が大切か考える

◆この期間中の出来事
  特に表立ったことはなし
  相変わらずの研修で、業務内容も特に変更なし

◆自己評価
  80点
※本に関していえば、20点!というのも、間違えて違う本(7つの習慣)を読んでしまったため。申し訳ございませんでした。気付いた時にはもう遅し、今Amazonからの配達待ちです。。。

根拠(概要)
・本を読んで、自分の過去を振り返り、改善できる!とわくわくした。
・全体的に、ゆっくりと落ち着いて過ごすことができた。読書の時間を設けたため自分の時間がきちんととれて、安定していた。
→自分に適した生活リズムを作ることが、後に飛躍するために大切だと考える
・仕事は、ようやく実務ができるようになったものの、オーダが少なく(大丈夫かうちの会社、と心配してしまいますが)、仕事がない状態。はじめはとまどったが、自らできることを見つけて動き、考えられているので、悪くはないと評価する。
 →「できないこと」を求めるのではなく「できること」を積み重ねていくことが大切
 ・残りの20点は、本来が怠け者なので、ゆっくりと過ごすことでがんばるのをやめてしまっていたが、もう少ししっかり目標をたてて過ごすべきだったという反省である。
 →本を読んだものの、読み終えたのみで、まだ自分の中でしっかり整理できていない

◆振り返り(詳細)
・二週間、マイペースに過ごしました。がんばったことといえば、手持無沙汰にならないように仕事を見つけることと、日々ストレスなく過ごすこと、くらいです。第一クールではがむしゃらに走りましたがそのせいで途中息切れをしたり、精神的にも不安定になることが多かったです。この先長い社会人生活を考えると、今から息を切らしているようでは持たない、と痛感しました。前回まではがんばらなきゃ、という意識が強かったのですが、この2週間は息を抜いていました。すると、気を張っていないのでかなり楽に過ごすことができました。
・仕事を見つけながら、自分にできることは何かを考えるようになったり、作業全体を見てどこで仕事がつまっているのかやそもそもなぜ自分に回ってくる仕事がないのか、など、今までは日々の業務に追われて考えていなかったことを考えることができました。結果雑用といわれるような仕事しかできていませんが、一つ一つ自分なりに工夫することで楽しく、また作業効率を上げて、モチベーションを保っています。
・一方で、こんな充実の仕方でいいのか、という疑問も残ります。心を許せる人たちと話したり遊んだり遊んだり遊んだり・・・よく言えば、仕事以外のことに刺激を受けた二週間でした。
※本の感想は、以下の気付きでまとめます。

◆気付き
・思考回路:がんばらなくていい → 気を抜いていい → 何もしない、怠惰 の発想。
例えば勉強したり、家での努力がほぼ皆無になってしまう。ここまでは怠けていい、という境界線が引けていないからだと考える。

≪本(『7つの習慣』)からの気付き≫
・今までの自分が非常に反応的だったという事実。そして、今まではその原因に両親との関係など過去の生い立ちや性格を考えていたが、それが実は自分の人生に対する責任を放棄している証拠であった。
 →結局、変われないのを他人のせいにしていた!反応は自ら選択できることを発見!
・私自身が今まで他者との関係に価値を置いてきたことに対しては、自信が持てた。
・「何がしたいのか」ではなく「何になりたいのか」を考えたときに、私が望んだこと;
 〇鮎紊箸い襪半亟蕕砲覆襦楽しくなる、幸せになる
 何に対しても一生懸命だ、           と言われる人。
 →そのために今現在どうあるべきか、何をすればそんな人間になれるのか、を考えたい。

◆今後の課題
 ・「今が準備段階だとすれば、何が大切か考える」に対して、自分なりの明確な答えを出す。
  自分の生活リズムを作ることは一つ大切なことだと考えたが、あまり腑に落ちていない。

posted by Yuka | 21:49 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
発見をしたこと
商品の詳細ページはこちら
を本当は読まないといけないのに、

商品の詳細ページはこちら
を読み始めてしまったみたいww


まだ半分くらいだけれど、そのおかげで今まで気付かなかったことに気付いた!!!
もう、ものすごい発見!!!!って嬉しくて、
一気に幸せになった。さすが単純。


なんで今まで自分は依存していたのか、
変えようと思っても変えられなかったのか、
どういうことを大切に生きたいと思っているのか、


そういったこと。


自分が今までいかに情緒的な事項を中心に置いてきて、
どれだけコントロールできない部分へ不毛な努力をしてきて、
そのほぼ全ての原因を過去の生い立ちに持ってきていたか。


そりゃ変われへんわぁ(´・ω・`)


私の人生だからこそ、私が責任を持たないといけない。
ってことを身を持って学んだ
私は人に元気とか笑顔とかを与えていて、なおかつ一生懸命に生きている、
って思われる人になりたいねんな。
今までの回り道が無駄やったとは思わへんし、
これからは、この想いに忠実に生きて行こう、って思えた。


まだまだ読み中で、課題はもう一冊の本だったってことに今気付いたから、
あと1週間でばばっと読み進めて行こーヽ(´ー`)ノ
ポジティブポジティブ♪♪
posted by Yuka | 14:46 | Pensamiento | comments(1) | trackbacks(0) |
メモ
どうか「諦め」が「死」に至りませんように。


その道が途切れ、消えてなくなりますように。
posted by Yuka | 00:37 | Pensamiento | comments(0) | trackbacks(0) |
第一回振り返り
第一回レポートに対するコメントから。


◆「肩に力が入ってる」
うーーん、自分の中では今何一つがんばってないから力どころじゃないんやけどな。
がんばろうとすることそのものが、がんばりすぎてる、ってことなんやろうか。
むむむむ
なら、ほんとに私には難しい課題。


◆「結果を出すことが大切」
そのとおりすぎる。こういう価値観だから、ぐるぐる循環して苦しいんよね、きっと。
がんばらないと努力しないと結果は出ないし、そもそもがんばらないで結果を出す方法を知らない。

他人に今の自分を評価してもらうことしかないのかな。
結局人に頼ってて嫌なんだけれども、
この嫌って感覚がまたがんばりすぎになるんだったら頼ってもいいのかな(´・ω・`)

それとも、出す結果の種類を変えるとか?
いくらリラックスできるか!って結果なら、今なら出せると思う。
そんなんでいいのかなぁ。。

と言いながらも、
できる、と思うところはとことん追求してやりたいけど、
できない、と思うところはできなくてもいい、と思ってるつもり。なんやけどなぁ。。。


◆「環境を整える」期間
焦っている、というご指摘。この焦りの原因は自分でもわかってる。
自分は架空に”周囲”を作って戦ってるだけ。結局自分が自分の敵。
ねぇ、自分をぶっ倒してまで勝って、うれしいの?早く気付いて。

「大きく羽ばたくための期間」。
って課長にも言われたなぁ。。。
きっとほんとにそういう時期なんだろうな、客観的に見れば。
それを自分でわかっているようでわかっていないのが問題。

「今がベストなコンディションに持っていくための準備期間だとすると、何が大切か??」
うーーーーん。。。
ベストなコンディションってどういう状態?どこのことを言えばいいんかな。
今何をすべき、ではなくて、何が大切か?
・・・・本気でわからん。


◆その他
コメントを読んでも、なんか解決に向かってないような気がしてしまった。
それは自分が解決までの道を明確に作れていないからなのか、
作ったものの迷子になってるからなのか、わからないけれど。

私の伝え方が悪かったのか、私が問題視しているところとずれてるような。。。
そのずれがいいんかな。自分では気付かへんかったことに気付けたから?
あぁ、これこそ焦っていて、こんなに早くに全て解決するわけないよね。か。


とにかく、自分の考えに固執して周りが見えなくなることだけは避けたいから、
ちゃんと聴こう。耳を傾けて、心を開こう。

せっかくやから、
オススメして頂いた本を読んでぼちぼちいこう☆
posted by Yuka | 23:02 | Futuro | comments(0) | trackbacks(0) |
第一回ガチンコレポート
突然ですが、ガチンコセッション・コーチングに参加中。
ということで、
後々通して読めるように、こちらでもそのレポートをアップしていこうと思います(・∀・)

早速6月11日(土)に提出したレポートを丸まるのっけちゃう☆

ちなみに、共にセッション中のメンバーのレポートやコーチからのコメントはこちらから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆背景
最終目標:「自分の軸を確立させる」「目標を具体化する」

現状課題:「心も行動もムダな動きが多い」
解決策:・自問自答の質をあげる
・自己愛をupする(自分を受け入れる)
・あらゆることにおいて基準を明確にし、境界線を作る

―――――――――――――――――――――――――――――――

◆今回の目標(5月23日〜6月11日)
  「よくやっている」と朝昼晩自分をほめてあげる!→今の自分に焦点をあてる


◆この期間中の出来事
  振り返ると、以下の2つの期間に分けられる。
≪5月23日〜6月1日≫
・新しい部署に移る!これが研修最後の部署。(5月23日)
・研修の第一クール(1カ月半のOJT)が終了!(5月30日)
  ・全体研修で第一クールのまとめとしてプレゼンテーション(5月31日、6月1日)
  
≪6月2日〜6月11日≫
・研修第二クールが新天地名古屋で開始!


◆自己評価
  前半:50点 / 後半:80点
根拠(概要)
・前半は新しい仕事と第一クールまとめのプレゼンテーション作成において「できない自分」にぶつかり、自分を責め続けたため。それでも50点と高い点数をつけたのは、一ヶ月半の研修の成果として、素晴らしい人たちに出会えたこと、またその方々や実際のプレゼンテーション本番等で評価して頂いたこと、そのおかげで「がんばった自分」を堂々とほめてあげられたため。嬉し泣きを含めると、涙を流した日はほぼ毎日といってもいいくらい。

・後半は、正直仕事が面白くなく、プライベートでも成果が出せないというよろしくない環境の中でも、「できない自分」をあまり責めずに「がんばった自分」を見て大丈夫、と励ましてあげられたため。泣いたのは1日だけ。


◆振り返り(詳細)
 ≪5月23日〜6月1日≫
・23日に新しい部署に移りました。新しい仕事では得意のアイディア出しが全くできず、落ち込みました。自分なりに工夫してアウトプットを出したものの、求められているものとは異なっていたため却下。あぁ、自分はまだまだだなといつも通り落ち込んだのですが、ここでは「できない自分」を責めることはあまりなく、むしろ、私の将来したいことが少し明確になって、気付きを得られてよかった、と前向きに捉えることができました。

・第一クールまとめとして、プレゼンテーション作成とその報告に力を入れました。4月の報告会で大失敗をした経験から、今回は絶対にいいものを出したかった。じゃあ何があれば「いいもの」になって満足できるの?と考えたとき、私は仝修中に学んだプレゼンに入れるべき要素が全て入っていること、▲淵鵐弌璽錺鵑砲覆襪海函△裡嘉世魑鵑欧泙靴拭振り返っても、走った!の一言で、落ち込み度とその後の嬉しさ度はMAX。発表後、先輩方から「5人の中で一番よかった」と評価頂き、全体研修でも独自性を評価して頂いたので、全て100点満点ではなくても、部分別で100点のところもあった、という結果だと思っています。後から振り返ると自分でも満足しているし、今の自分の力はこんなもんか、と認めてあげられています。


 ≪6月2日〜6月11日≫
・名古屋に引っ越して、心機一転!のはずが、モチベーションの上がらない自分と向き合うことに。座学のみの仕事に意味を感じず、プライベートでも名古屋でやりたかったことを次々と始めようとするものの全て出鼻をくじかれていく始末。しかし、一度だけそれらが一気に重なった日に泣いてしまうも、その前後は「大丈夫、がんばってる」と自分を慰めてあげ、今の状況を「活用しよう」「楽しもう」とそれぞれに対してどうすればよいかを考え、動いていました。こちらを今まとめるとすれば、9日からようやく実務に入り仕事環境が変化したので、自らやりがいを見出しています。


◆気付き
 ・「よくやっている」と毎日思ってみるものの、実際心から思えるのは、自分なりに納得できる成果を出せたときのみ。
 ・「人には人のよさ、私には私のよさがある」という言い方が効果的だった。
 ・自分が認めてあげられる自分は、何かに向かって走っている自分、何とかしようとあれこれ考えて行動している自分。
・努力が納得できる成果につながると考えるから、努力していない自分が嫌い。一方で結果が全てだと追い込むため、努力するだけでは満足できず、その後の評価を常に求めている。
・評価はやはり自分基準では弱く、他人からの評価になっている。自分で「がんばった!」と言ってあげてもどこかで納得していない自分がいるのがわかる。
・だめな自分、できない自分を認めてくれる人がいることに気付くと、心が軽くなり、自分を赦せるし認めてあげられる。


◆今後の課題
 ・もっと自然に、自分に焦点をあてられる方法をマスターする。
 →青木さんからのフィードバックを頂いてから次回への目標を。

―――――――――――――――――――――――――――――――

◆将来したいこと
 こういうことがしたいなぁ〜、こういう働き方がいいなぁ〜と思ったこと。具体的なことはひらめいていない。
 ・0を守ったり、マイナスを失くすのではなく、1を生み出していきたい
  →自らアイディアを出して企画したり、お客様に提案することがおもしろいと思った
・トレンドに触れていたい
  →自分の携わるサービスがトレンドを作っていれば最高だと思った

8月の本配属前に再度面談がある→悩んでいる。
 ・そもそもB向け(法人)にするのかC向け(コンシューマ)にするのか。
  →研修を通してC向けにも目がいくように。私の考えていた「サービス」とは、C向けではなかったか?
 
・この会社で登っていくなら時間をかけてでも自社の持つ独自の技術を習得して存在価値を高めたいけれど、他の会社を考えるならば、他でも活かせる技術やスキルを身につけた方がいいような気がする。
 
全体的に、優先順位がわからない。きっと、悩む順番であったり内容であったり、無駄な部分が多い気がする。今何をすべきかはわかっているものの(現在の仕事において、やるべきこと、やりたいこと、学びたいこと、学ぶべきことはわかっているつもり)将来を考えたときに、どこからどう考えればいいのかがわかっていないと思う。

→引き続き考える。「なぜ」を繰り返して自分の奥底にある欲求を引き出そうと思う。

posted by Yuka | 22:51 | Futuro | comments(0) | trackbacks(0) |
「ありがとう」を
どこかに吐き出さないと立っていられないから、
たぶん、書くことで発散してきたから、
至る所に傷ついた自分の跡が残ってることに気付く。



でも、
それを拾ってくれる人がいて、
聞いてくれる人がいて。



そのおかげで立てるなら、それでいっか。
と甘やかしてみる。


どこまでも一緒に、って言ってくれる人がこの世にどれくらいいるんだろう。
所詮他人のこと、割り切ることは簡単なのに、
それをしないでいてくれる人がどれくらいいるんだろう。


私は器用じゃないから、優しくもないから、
何人想えるかわからないけれど、
大切だと思う人だけは、一生懸命本気で大切にしようと思う。
それが一番の「ありがとう」だと思ってる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


1ヶ月半が終わって、
今私に残ってるものは、ビジネススキルとかそんなんじゃなくて、
恵まれた人間関係と、感謝の気持ち。

甘えていいよ、と受け入れて下さり、
根拠をちゃんと言えよ、応援してやれねぇだろ、と叱って下さり、
お前の選んだ道はあながち間違いでもないぞ、と励まして下さり、
ありがとうございました。

三上さんならできる、と休日まで心配してくださって、
大丈夫、と安心させてくださって、
挨拶するようになったよ、と笑顔で報告してくださって。



なんて幸せなんだろう、と改めて実感。



がんばってよかった。
周りから見たら全然だめだめなんやろうけど、
いっぱい泣いて、いっぱい走ってよかった。


ありがとうございました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


新しい1ヶ月半が新天地名古屋で始まって、
早速刺激をもらってきた。

今回は仕事というよりもプライベートかもしれない。
でも、
コーチングと未来予想図と合わせて、
色々深められる時だと期待してる。


マイペースに、がんばろう。
posted by Yuka | 21:20 | Felicidad | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site